続・脱力日記

描いたり作ったりしてる人のダラダラ日記

「八郎潟 潟語り」出版のお知らせ

f:id:goo:20190403212347j:plain

聞き書きと写真をまとめた「八郎潟 潟語り」が3月29日付けで出版されました。文章、イラスト、編集及びレイアウト補助を小西堂(小西一三、小西由紀子)が受け持っています。

f:id:goo:20190403212431j:plain

八郎潟はかつて琵琶湖に次いで日本第2位の大きさを誇る汽水湖(海水が混じる湖)でした。第二次世界大戦後、食糧増産および働き口のない農家の次男・三男対策のために国策として干拓事業が始められます。その結果、湖沼面積の90%近くが陸地となり、モデル農村・大潟村が生まれました。残りの部分は八郎潟調整池と呼ばれて今も湖沼の面影をとどめていますが、大潟村の農業用水として利用するために淡水化されています。

f:id:goo:20190403212600j:plain

この干拓工事は1957年(昭和32年)に着工、水量の約90%が排水されて約6,000haの湖底が姿を現したのが昭和39年。すべての工事が終ったのは昭和52年3月のことでした。干拓前の八郎潟は漁業が盛んで、周辺には独特の漁法や漁具、食文化がありました。しかし干拓着工から60年、豊かな八郎潟に支えられた生活の記憶を持つ人は少なくなり、その暮らしぶりや文化も忘れられがちです。

f:id:goo:20190403212643j:plain

八郎潟 潟語り」は干拓前の八郎潟を知る人たちからの「聞き書き」とイラスト、干拓着工前後の潟周辺の生活を記録した写真で構成されています。発行元は八郎潟調整池の南に位置する曹洞宗寺院・自性院(潟上市天王)で、聞き書きとイラストは自性院が発行する寺報「自性心」に年に2回程のペースで連載され50回続いたもの。平成5年に第1回が掲載され50回目は平成29年。ほぼ四半世紀に渡って連載されたことになります。掲載当時すでに80代、90代の方もおり、今は鬼籍に入られた方も少なくありません。今更ながら貴重なお話が聞けたと思います。

f:id:goo:20190403212730j:plain

写真は自性院近くで写真屋さんを営んでおられた児玉さんが、干拓で失われるであろう光景を記録しておきたい」と昭和30年前後に撮ったものです。

f:id:goo:20190403212816j:plain

当時の写真、当時のことを語ってくださったお話、そのお話をする方たちのイラスト。それらが相まって干拓工事前夜から竣工した頃の八郎潟の光景、人々の生活が少しでも伝わればと思います。

f:id:goo:20190403212856j:plain

208ページ 縦20cm×横22cm×厚1.4cm

価格は税込み1,800円ですが、現在書店では販売しておりません。
お問い合わせは自性院(電話018-878-2049)、または小西堂まで。

動き出す商店街プロジェクトのこと

これは今月31日まで、田沢湖クニマス未来館で開催中の小西由紀子展(注・リンク先はYouTubeです)に展示中のイラストの一部です。

f:id:goo:20190325211621j:plain

光が映り込んで見にくいですが、秋田県内陸南部・美郷町六郷をイラストマップにしたものです。六郷は、花火で有名な大曲とかまくらで有名な横手のちょうど中間あたりに位置します。戦国時代には二階堂氏の本拠地として栄え、その後も羽州街道と、大覚野街道(角館〜阿仁〜綴子)、角間川河港に向う角間川街道が交わる交通の要衝として長く栄えてきた町です。それが近代になって鉄道の駅を誘致できなかったことをかわきりに、町の外をバイパスが通りそれに沿って大型商業施設ができ人口が減り、中心部の商店街はいわゆるシャッター商店街となってしまいました。

 

20年ほど前、その状況をなんとかしたいと町の若い人たちが参加して六郷町づくり会社を立ち上げました。その活動の一つとして当時まだ昔の面影を色濃く残していた町並みのイラストマップを作成することになり、お手伝いさせていただいたものです。
すでに往時の華やかさは失われ、シャッターをおろした店もぽつりぽつりとあったものの、20年前はまだ旧街道沿いの賑やかだったころの建物がいくつも残り、魅力的な町並みをなんとか維持していました。
商店街を中心に魅力的な建物を片っ端から写真に撮り、イラストとしてまとめていく作業はとても楽しいものでした。御本陣、造り酒屋、呉服屋など大きな建築物がそこここに立ち並ぶ様子は本当に素敵でした。

f:id:goo:20190325212144j:plain

あれから20年。今このマップの中のどれだけの建物が残っているかというと…。商店はシャッター下ろしているどころか、建物自体がなくなって空き地になっていたり、古い趣のある民家は随分となくなってしまいました。ああ、あの時になんとかならなかったのかしらと、このマップを見る度に思います。あの時、若い人たちががんばってこれを作ったのに、その動きは結局だれにどう引き継がれたのかなと。

 

そんなことをぼんやりと思っていましたら、昨年、秋田県の肝いりで「動き出す商店街プロジェクト」というものが立ち上がったという事を知りました。空き店舗率を下げ、全国でも最下位クラスの起業率を上げることを目標に、まずは商店街のやる気のある若者を県が後押ししようというもののようです。このプロジェクトへの参加募集に応えたのが、男鹿市船川と美郷町六郷の若者たちだったとのことで、節目毎に公開でプレゼンテーションが行われています。

 

そこで、昨年の第1回に引き続き、先週3月23日に行われた第2回目のプレゼンテーションを見に行ってきました。船川チームも六郷チームもすでに魅力的な空き物件を抑えていて、それをどう活用していくかということが主題になっています。

f:id:goo:20190325212229j:plain

【中央上と左下に拡大して描かれた土蔵造りのお店はもうありません。今回のプロジェクトの舞台となるのはちょうど中央あたり、逆さまにインプレッションと書かれた物件です】

1回目のプレゼンテーションではぼんやりとしたイメージでの起業プランだったのが、今回は随分と具体的になっていて、夢を語るだけでなくどう収益をあげ、持続させていくのかということが説明されました。若者といっても、どちらのチームもすでに社会に出てそれなりの経験を積んだ商店主などが中心になっていますので、現実味のあるプレゼンテーションだったと思います。

 

ところで、前回もそうだったのですが面白いのはこのプレゼンテーションの後の基調講演です。今回はエリアリノベーションに取り組んでおられる東北芸術工科大学教授の馬場正尊さん。前回は株式会社まめくらしの青木純さんが講演されました。内容は、どちらもつきつめてしまえば「今」の感覚にあふれた不動産活用の仕方、古い建造物のリノベーションの仕方について。「今の若い人」に届けるための(基本的にお金をあまりかけない)ノウハウがいろいろと語られたと思います。
個々の具体例が面白いのは言うまでもないのですが、特に今回の馬場さんのお話では世の中の仕組み、物事の決め方の流れが変わってきているということ(変わって欲しい、変わるべきといった気持ちも含めて)が印象に残りました。

f:id:goo:20190325213727j:plain

f:id:goo:20190325213654j:plain

f:id:goo:20190325213841j:plain

詳しく説明はしませんが、上の図を見て頂くとなんとなく話の内容が想像できるのではないでしょうか。私もこうであったらいいな。と心から思います。

 

が、実は一番印象に残ったのは、内容というよりも、講演者のパッションでした。エネルギーね。「こうあって欲しい、こうだと楽しいでしょう、こうすればよりよくなるよね、そうでしょ!」という壇上から発せられるパワーです。アジテーションの力。
ああ、秋田のチームはこれに欠けるなぁと思ったのです。何か新しいことを始めるとき、特に人を動かして何かをやろうという時、これがとても大事なものなんじゃないかしら。そしてこのパワーの原動力が何かというと、なんだかわからない突き動かされるような想いなのではないかしら。もちろんそういう気持ちが秋田チームにないわけはない。なかったらだいたいこの場にもたどりつけてないのですから。たぶん想いはあってもそれを十二分にパワー化、具現化できないということなのでしょう。パワー化、どうしたらできるのでしょうね。というようなことを思いました。

 

それはそれとして、20年ほど前にもがんばった若者たちがいたこと、その人たちが取り組んだ事、その結果がどう今につながっているのか、六郷チームの人たちがしっかり踏まえていてくださるといいなと思います。町並みはすでに20年前とすら比べるべくもないものになっていますけれど、それでも六郷らしいものはまだ残っている筈。そこに住む人たちはもちろん外から来る人たちがその魅力をストレートに受け止められるような商店街になってくれるといいなぁと、6年程前まであの商店街で小さな「絵と器の店」を開いていた者として、心から思った次第です。

f:id:goo:20190325212359j:plain

 

小西由紀子展

田沢湖クニマス未来館で「小西由紀子展」が開催されます。

イラストレーターとして今までしてきた仕事を中心に、3月1日から31日までの展示です。

f:id:goo:20190215220154j:plain
f:id:goo:20190215220324j:plain

それにしてもなんで田沢湖クニマス未来館で?
話は、クニマスがすっかり絶滅してしまったものと思われていた1996年にさかのぼります。当時、もしかするとまだどこかにクニマスが生きているかもしれないという思いから、田沢湖町観光協会が「クニマスを見つけた人に100万円差し上げます!」というキャンペーンを行いました。万が一にも見つかれば観光シンボルになるし、見つからなくても話題になるという計算。
詳しくは当時の新聞記事をご覧ください。
http://www.asahi.com/eco/kunimasu/TKY201101260359.html

その時ポスター用のイラストを依頼されたご縁が、今回の個展につながりました。当時クニマスの実物はもちろん鮮明な写真などもなく、参考にできるのはホルマリン漬けの標本と当時ご存命だったクニマス漁師・三浦久兵衛さんたちの話だけ。田沢湖に通って三浦さんともうお一人の漁師さんにお話を伺い、描いたものを見て頂いては修正を繰り返して描き上げました。現在手元にあるのは習作ですが、今回それも展示いたします。

随分昔にした仕事でして、まさか20年以上たってこのような形で振り返ることになるとは思ってもいませんでした。なんでも長く続けてみるものですね。
クニマスはもちろんですが、今まで長く描いて来た秋田の人と暮らしのイラストを楽しんで頂ければ幸いです。

 

「小西由紀子展」

日 時…3月1日(土)〜31日(日)
    9:00〜16:00 毎週火曜日休館

場 所田沢湖クニマス未来館 研修ホール
    秋田県仙北市田沢湖潟字ヨテコ沢4
    Tel 0187-49-8131
    クニマス未来館

 

引っ越しました

2003年11月29日に開設して以来、丸15年に渡って途切れ途切れながらも"はてなダイアリー"で続けてきた「脱力日記」ですが、"はてなダイアリー"サービスの終了に伴い"はてなブログ"に引っ越しをいたしました。

突然タイトルが「続・脱力日記」になりデザインなど見た目が変わったのはそんなわけです。最近の更新頻度からしてここをご覧になっている方は大変に少ないと思いますが、備忘のために記しておきます。

展示会に参加します

2018年も早いものでもう12月。Xmasだ歳末だで、なんとなく心が落ち着くなくなりますね。そんな中、古いお友達の陶芸家・鈴木夫妻と鎌倉のギャラリーで展示会を開くことになりました。
「土のお正月飾りとうつわ展」です。

春先にお声をかけていただいて、あまりに嬉しくてぜひお仲間に入れて!と頼んだのはいいのですが…。まだまだ時間に余裕があると思っていたら、とんでもなかった。なかなか手が追いつかずに、ついに開催月になってしまいました。

これからラストスパートかけます!

期間中の後半、金曜午後から在廊予定です。お近くの方、お越しいただけたら幸いです。
さぁ、がんばろ!


「土のお正月飾りとうつわ展」

日 時…12月11日(火)〜17日(月)
    10:00〜18:00 最終日は16:00まで

会 場…Gallery YU
    神奈川県鎌倉市雪ノ下1-4-29
    Tel&Fax 0467-22-3016
    www.gallery-y.com

舞妓さんを描く会 第4回

6月の第3回に続き、今月末に「舞妓さんを描く会」4回目を開催いたします。興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。


三種類程度のポーズを取っていただきます。



舞妓さんの休憩時間にも熱心に筆を走らせる参加者のみなさん。


日 時…9月30日(日)11:00〜14:30

会 場秋田市千秋公園 松下二階座敷

費 用…4,000円(昼の軽食込み)

持ち物…舞妓さんの写真OKです。カメラ、携帯電話などお持ちください。

申込先contactページより

大広間での軽いお昼をはさんで、午前午後それぞれ1時間ずつスケッチをします。

画材は各自使いやすいものをご持参ください。

(水彩等、水をお使いになる場合は敷物もご用意ください)

画材をお持ちでない方はご相談ください。当方で可能な限り用意いたします。

舞妓さんの日本髪や着物などを間近にじっくり見て、楽しく絵にしてみませんか。

テスト販売中です

現在ももさだ工房のイラストポストカードは秋田県内4カ所で扱っていただいていますが、今回3枚一組のセットを東京の2店、秋田市の1店でテスト販売していただくことになりました。期間は9月いっぱい。評判が良ければ継続販売となります。


是非お手に取っていただき、できればお買い上げも!よろしくお願いいたします。

種類は3つ。どれも1セット450円(+税)です。


「秋田犬と子ども」
早春の花、冬の遊び、夏の遊びの3枚セット。昭和の子どもと秋田犬が戯れる懐かしい絵柄です。


「秋田の竿燈まつり」
お囃子屋台の子ども、竿燈の技説明、竿燈の部分説明の3枚セット。


「秋田の郷土料理」
いぶりがっこ、きりたんぽ鍋、きりたんぽの3枚セット。畑でとれたもの、山でとったもの、自然の恵みがいっぱいです。


カードセットのテスト販売店はこちら

秋田ふるさと館 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館1F

秋田美彩館 東京都港区高輪4−10−8 ウィング高輪WEST1F

あきた県産品プラザ 秋田市中通2-3-8 アトリオンB1F



バラ売りお取り扱い店はこちら

秋田贔屓 秋田市大町1-2-40

秋田畑 秋田市中通1-4-1

金萬 秋田市中通7-1-2

鶴の湯温泉 秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50